ラジコンショップ MRC factory

ラジコンショップ MRC factory は福島県郡山市でホビーラジコン・ミニ四駆の販売を中心としたショップです

TEL.024-983-6315

〒963-0551 福島県郡山市喜久田町字菖蒲池22-35

06月

ラジコン買い取り♪

こんにちは、店長の越智です。

梅雨は何か気持ちもどんより…ですね。
寒かったり暑かったり(;´Д`)熱中症なんかにも気を付けましょう!

当店は不要になったラジコンも買取強化しております。
新しいシャーシやパーツの購入資金にしちゃいましょう(^^)
LINE買取査定も好評です♪
1
本日もたくさんの買取させて頂きました♪ありがとうございますm(__)m

※査定にお時間が掛かりますので事前にメール・LINEでお問い合わせくださいませ!

ではまたm(__)m

 

塗装済み完成ボディ!

こんにちは、店長の越智です。

キレイに塗装作製されたボディが入庫いたしました!

R.M様作製 ヨコモ ORC Z33 ボディ!
限定のマジョーラカラーで塗装されたORC Z33です。仕上がりもバッチリで目立ちますよ!(^^)/
10
8
9
7
色の境目もにじみ無し!
5
4
3
2

お好みでGTウイングやマフラーパーツを取り付けて更に個性あるマシンに
仕上げてみてはいかがでしょうか?
今回ご提供いただいたボディは、R.M様の提案により
大変お買い得となっております!
ご興味のある方は是非ご連絡を(^^♪

プチミュージアム!?

こんにちは、店長の越智です。

今回は、マニア必見のマシンをご紹介いたしますよ♪ いつもご利用頂いているお客様より大変貴重なシャーシをお持ちいただきました。

☆初代ウイリス!
7
良い状態で手に入れることはもはや困難中の困難なマシン!
8
今のWR-02とはずいぶん作りが違いますね(..)

☆当時物HONDA シティターボ
6
ツーショット♪
5

ティレル P34
2
もはやワタクシ生まれてません((+_+))
1
素晴らしい状態ですね♪

歴史を感じるとても貴重な体験をさせていただきました♪
ありがとうございました!
ずっと大切にしていてほしいなぁ(*’▽’)

 

以上プチタミヤミュージアムでした!
ではまたm(__)m

 

おじゃましました(^^)

こんにちは、店長の越智です。

先日、休日を利用して福島市にある『ラジコンサーキット ラボ』様におじゃましてきました(^^♪
室内カーペットコースとなっているため、最高のコンディションでした!
十分なゆとりを持った高速コーナーから続く『アップダウン』の造りのヘアピンはテンションMAX!状態です!
時間を忘れて夢中になりすぎました(^^;)
1
ホントに楽しかったです!ありがとうございましたm(__)m

1Fには大きなミニ四駆サーキットが設置されておりお客様で賑わっていました!
豊富な在庫もあり安心して子供から大人まで楽しめますね(*’▽’)

ではまたm(__)m

 

ボディ穴あけ備忘録

こんにちは、店長の越智です。
天気が良い日が続きますね!でもそろそろ梅雨かな?
雨漏りとの戦いが始まります( 一一)

今回は、よく「穴あけ位置決めどうやるの?」や「ズレた」などの声が多いため
バシ!っとポストに通せるよう、参考に(あくまで参考)していただければと思います(^^)

⊡ボディの選択
12
今回は、ヨコモのドリパケにタミヤのボディを載せたいと思います♪同じメーカーのボディでは、あらかじめ付いている穴あけ位置のマーキングでオッケーですが、メーカーが違うと開ける位置も微妙に違うのです。

 

 

 

 

⊡オススメです♪
11タミヤ スペアボディセットSP.1453
幅190mmで張り出したフェンダーやエアロフォルムが実に美しいです(*´ω`)でもってミラーパーツやライトパーツが付属なのでLED装着の準備もバッチリです!

コストパフォーマンスに優れます(^^)

 

 

 

 

⊡ボディ切り出し後
10いつものようにボディを切り出したら画像のようにタイヤハウスをシャーシのタイヤの上に置きましょう。
切り出し前でも構いませんが(その場合シャーシの横に並べる)今回は使いたい部分があるので先に切り出しました。

 

 

 

 

 

⊡捨てる前にチョット…♪
9穴あけクリアランスを取るのにはやはり道具!
ワタクシ級のレベルになるとマーキングに使う道具もタミヤ製です。

…はい、そうです。これは先程ボディを切り出した時にでた周りのバリです。
使いたい部分とはここで、マーキングをする時に役立ちます(^^)

 

 

 

⊡いよいよ位置決め
8タイヤにフェンダーを被せてあるので画像のようにバリをボディポストに平行に並べてテープで貼り付けます。
でもって、そのままサインペンなどで上から線を引いちゃいましょう。
これで、ボディ先端から穴を開ける場所までの縦の距離が出ましたね(^^)同様にリヤ側もやります。

 

 

 

 

⊡中心をとり穴あけ位置決定
7シャーシのボディポスト間の距離を測ります。
次にボディの中心から(左右フェンダー間からボディ幅を計測し中心を出す)ポスト間の距離の半分の長さを重ね、穴あけ位置の決定をします。

注意点としては、ボディポストの太さを考えて、線を引いた場所より少し前後させた方がいいかもですね。

 

 

 

 

⊡確認
6ほらっ!この通りバッチリ(^^)v

 

 

 

 

 

5フロント側♪

 

 

 

 

 

4リヤ側♪

 

 

 

 

 

⊡塗装後
3ちなみに塗装後はこんな感じ(^^)
メタリックオレンジ→ブライトシルバー→ブラックで日産のオレンジカラーっぽくなりました♪

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

2スミマセン、もう一枚(^^;)
後は細かいラインなんかをお好みで入れたりして楽しみましょう!

 

 

 

 

 

とまぁ今回はボディの穴あけをしてみました。
色々試してこれが一番簡単だったので、皆様も参考にしてみてはいかがでしょうか(^^)

…ちなみにスプレー缶は使い切ったら穴を開けてゴミに出すのが常識ですが、『確実に!』使い切ってから開けましょう!
中身が残った状態で穴を開けるとエライ目に遭います(-_-;)マスク・換気もね。

ではまたm(__)m