ラジコンショップ MRC factory

ラジコンショップ MRC factory は福島県郡山市でホビーラジコン・ミニ四駆の販売を中心としたショップです

TEL.024-983-6315

〒963-0551 福島県郡山市喜久田町字菖蒲池22-35

09日

【YD-2】ラジコントーク

こんにちは、店長の越智です(^^)

2月に入り冷え込みも厳しいですが、熱いラジコントークでもしましょう!

と、言うことで今回はYD-2のアライメント系セッティングにおいて一つの答えが出たので、セッティングでお悩みの方への近道となればと思い、書いていきたいと思います。
あ、これから書くことはあくまで私の感じた事であり、間違っていることなどもたくさんあると思いますので、その辺はご了承くださいませm(__)mドンピシャで走行が良くなるなどと言うものでもございませんので…。

IMG_8816
まずは、これが私の愛機YD-2です。
基本的なアライメント関連は
Fキャンバー8°
Rキャンバー3°
Fトー角 約1°
Rトー角1.5° RR 48.7mm  RF 46.4mm
車高 F 8mm R7mm(バッテリー装着時)
キャスター角12°
となります。
特に感じた点としては、トーアングルについてです。クリッピングポイントからの鋭さを左右するのはリヤのトー角によるもののみと思っていた所、フロントが進行方向を捉えるまでの時間
も大きく影響するため(当たり前だけどね)リヤトー角1.5°・フロントトー角を0°~2°までを設定値として落ち着きました。

IMG_8785
切れ角はこんな感じです。パラレルにしてしまうと、いつまでも立ち上がらないので最後に開くように設定しています。

IMG_8799
このアッカーマンは、純正形状のナックルの方がいろいろと都合がいいので、D-165 2駆ドリ用 アルミ製フロント ステアリングブロックから変更いたしました。

IMG_8794
意外に重要な点として気付いた部分は、フロントのサスマウントにもあります。リヤモーターでトラクションの良いマシンであるがゆえに、フェイントなどの荷重移時に
瞬間的にフロントにかかる重量が増大し、フロントグリップが負けてしまうため、メリハリがつきませんでした。
そこで、フロントのロール剛性を上げるために純正の39.5mmから42.0mmへ変更。
YD-2 PLUS のように厚いカーボンデッキで更にアルミパーツでガチガチにシャーシ剛性を上げている場合などは、サスセッティングがダイレクトに伝わる為、特に効果的だと思います。
結果的に溜めて飛ばす時の飛距離と姿勢が良くなったので、結構お気に入りですね✨

IMG_8804
基本はリヤのウエイトは左右に約6グラムずつで計12グラムです。フロント周りのアルミパーツで増えた重量分?のウエイトコントロールです。
もちろん車速を上げたい場合はディフューザーへの装着をお勧めします。

IMG_8795
パワーソース(モーター)はアキュバンスLUXON BS 11.5Tでギヤ比14.625
通常はスパー90ピニオン16ですが、持っていくサーキットによって変えます。ギヤ比は13.0~14.625の間でセッティングします。
ある程度『握り心地』ってものがあるので、気持ちよく走れる所で…。

今回は特に『こんなパーツ使うとイイよ!』って感じの事ではないですが、アライメント関連も一個一個パーツを買って試していくと結構な金額になってしまうため
セッティングの一例として読んで頂ければ幸いです(^^)
ちなみに私は気になったら眠れなくなるので全て試しました(-o-)

と、まぁワタクシ的セッティングでしたが色々な楽しみ方があるのがラジコンの良いところですね✨
このセッティングでの走行は後ほど動画にもあげていきたいと思います!
ではまたm(__)m