ラジコンショップ MRC factory

ラジコンショップ MRC factory は福島県郡山市でホビーラジコン・ミニ四駆の販売を中心としたショップです

TEL.024-983-6315

〒963-0551 福島県郡山市喜久田町字菖蒲池22-35

マシンをまっすぐ走らせるための基本

マシンをまっすぐ走らせるための基本

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、越智です。
寒いですね!( ^^) _旦~~もう冬がそこまで!わたくし的には鍋がおいしい季節なので冬は大好きですが…。

さて今回は、マシンをまっすぐ走らせる為の基本ということで『アライメント』の調整をやってみたいと思います。
走りに出かける前に最低限の調整をしておくことで、安定した走行を楽しみましょう!

まずは必要なツール

ツール
ターンバックルレンチ・車高ゲージ・キャンバーゲージ・ノギス

1.車体を軽く沈み込ませます

車体沈み込みクリアランス
一度軽く押してあげてニュートラルな状態にしましょう。

2.前後左右の車高を調べる

車体車高
ゲージをシャーシの下側に差し込んで、シャーシに触れた部分の数字が車高です。
フロント車高
フロントはタイヤの後ろあたりに差し込んで測定します。(これは人それぞれ違います)
リア車高
リアはサスブロックの下あたりがいいですね。

3.ダイヤル又はスペーサーで調整

ダンパーダイヤル
アルミダンパーの場合は、ダイヤル調整出来るものが多いですのでここで調整。スペーサータイプは、厚みで調整してください。

4.ステアリングリンケージの長さ調整

ステアリングリンケージターンバックル
ステアリングロッドは左右同じにしておくのが基本です。ここは意外に走りに影響します。レンチで回すだけなので簡単です。
ステアリングリンケージ
ノギスで測って左右同じ長さにします。

5.キャンバー角

フロントキャンバー
タイヤが垂直状態から、上面が内側に傾いているのを「ネガティブキャンバー」いわゆるネガキャン。逆を「ポジティブキャンバー」ポジキャン。大体キャンバー角はネガティブ側に1度~2度位での調整を基本とされています。(今回は1度)
リアキャンバー
ステアリンロッド同様、レンチでターンバックルを回して調整します。

6.サーボの角度

サーボ90度
サーボホーンは、ステアリングリンケージに対して90度になるのが正確なホーンの角度となります。

仕上げはプロポで最終調整

全体
マシン側の調整が終わったら、あとはプロポのトリムなどで最終調整が終わればOK!
これでマシンはまっすぐ走る!・・・はずです。
それでは、楽しいラジコンライフをお楽しみください!(^^)v

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>